オプションのつもりで行ったダディーとのメモがあるムードいらっしゃるスパのトラベル

 我々は初老のオバさん、主人は2年前に亡くなりました。亡くしたことは辛いけれど、最近は二人で行ったキャリアの場所に自ら旅することもあります。
 昨年の秋の素行。主人がどこかで、山中に行こう。秋の紅葉、ふもとのスパ。いいな、行きたいな。そう言っているような気がしてなりませんでした。それならキャリアの立山に行こう。けれどもいよいよ10月もおわりでは、ボスは今や紅葉はなくなっていらっしゃるだろう。それなら下の通路を歩こうと決めました。
 下の通路は黒部ダムからいく山道で途中にひと休み所はおろか便所もありません。秘境なのです。きのうから下の通路に最も近い「くろよんロッジ」に泊まり、翌朝5際頃には出発します。ここから長い長い粗筋が始まりました。
 ガイドブックの進路世間では、8時刻ほどですが、体力的なことの他にブレイクタイムもありましたので「阿曽原スパ小屋」到来までに10時間もかかってしまいました。ここで山中の一夜を越します。その名の通り、山小屋ではありますが開放的なスパもあり、嬉しい山小屋です。
 ここは翌朝、7際頃に出発しましたが、全員再び出たあとあと、我々はしんがりです。ただし、正午くらいにはけやき平のターミナルにたどり着くことができました。ここで一休みした事後、今宵の宿、祖母谷スパへと向かいます。ばばだにおんせん、と読みます。
 祖母谷スパに向かう歩廊のスタートには、ヘルメットが置いてあります。これは無料で貸し出して貰える。帰りにここに返せばいいのです。ただし、岩が落ちてくるとしたら、戦慄を感じます。
 フラットな歩廊を45当たりも歩いたでしょうか、祖母谷スパの木造の自宅が見えてきました。スタートで入室を終えると、大部屋に自ら泊めてもらえました。山小屋なので相部屋になることもありますが、空いていればこんなラッキーなこともあります。
 内湯の湯が素晴らしい。お湯が瑞々しいってこういうことなのかと思います。お湯は大量に、こんこんとあふれます。女子露天風呂は周りをぐるっとよしずがかこっているので景観がよくないです。人のいない際を見計らって、ダディー露天風呂に入りました。周りの山々の風景が素晴らしい。もちろん周りからも丸出しなのでしょうが。
 宿の夕食はママのオリジナルで、大きなコロッケは里芋で作ったもののようです。派手ではないけれど、おいしい山里の味です。手作りの漬物や佃煮が出るのがうれしいです。夜更け外に出ると、灯火の少ないそこでは大都市では考えられないような満天の星が見えました。
 山中のついでに行った祖母谷スパですが、山中に登らなくてもここだけでも満足来て見る収穫があります。トロッコ鉄道でおなじみの、黒部峡谷鉄道終着駅、欅平から歩いて50当たりです。周りにはお店は何もありません。何も無いけど、スパの暖かさと、星空の美しさが際立っていました。
 我々はパパを中年と呼んでいました。中年、よかったね。好ましいお湯だったね。また来ようね。
 翌朝我々は宿を振り返り、振り返り、上にしました。http://messo.jpn.org/

オプションのつもりで行った男との土産がある趣向居残るヘルスケアの周遊

 自身は初老のオバさん、彼氏は2階級前に亡くなりました。亡くしたことはやり切れないけれど、最近は二人で行った事象の場所に自ら旅することもあります。
 昨年の秋の先。彼氏がどこかで、山々に行こう。秋の紅葉、ふもとのエステ。いいな、行きたいな。そう言っているような気がしてなりませんでした。それなら事象の立山に行こう。それでも再び10月も終わりでは、トップクラスはこれから紅葉はなくなって掛かるだろう。それなら下の通路を歩こうと決めました。
 下の通路は黒部ダムからいく山道で途中にブレイク所はおろか便所もありません。秘境なのです。昨日から下の通路に最も近い「くろよんロッジ」に泊まり、翌朝5場合頃には出発します。ここから長い長い方角が始まりました。
 教科書の進路表面では、8瞬間ほどですが、体力的なことの他にブレイクタイムもありましたので「阿曽原エステ小屋」到来までに10時間もかかってしまいました。ここで山々の一夜を話します。その名の通り、山小屋ではありますが開放的なエステもあり、嬉しい山小屋です。
 ここは翌朝、7場合頃に出発しましたが、総出もはや出た今後、自身はしんがりです。ただし、12時くらいにはけやき平のターミナルにたどり着くことができました。ここで一休みした復路、今宵の宿、祖母谷エステへと向かいます。ばばだにおんせん、と読みます。
 祖母谷エステに向かう道のきっかけには、ヘルメットが置いてあります。これは無料で貸し出していただける。帰りにここに返せばいいのです。但し、岩が落ちてくるとしたら、快感を感じます。
 フラットな道を45分も歩いたでしょうか、祖母谷エステの木造の設備が見えてきました。きっかけで入室を終えると、大部屋に自ら泊めてもらえました。山小屋なので相部屋になることもありますが、空いていればこんなラッキーなこともあります。
 内湯の湯が素晴らしい。お湯が軟らかいってこういうことなのかと思います。お湯は大量に、こんこんとあふれます。奥さん露天風呂は界隈をぐるっとよしずがかこっているので景色がよくないです。人のいない場合を見計らって、夫露天風呂に入りました。周りの山の全景が素晴らしい。やはり界隈からもむき出しなのでしょうが。
 宿の食品は嫁さんの手作りで、大きなコロッケは里芋で作ったもののようです。派手ではないけれど、うまい山里の味覚です。手作りの漬物や佃煮が出るのがうれしいです。ミッドナイト外に出ると、ライトの少ないそこでは都心では考えられないような満天の星が見えました。
 山々のついでに行った祖母谷エステですが、山々に登らなくてもここだけでも充分来て見るうま味があります。トロッコ電車でおなじみの、黒部峡谷鉄道終着駅、欅平から歩いて50分です。周りにはお店は何もありません。何も薄いけど、エステの暖かさと、星空の美しさが際立っていました。
 自身は父親をオヤジと呼んでいました。オヤジ、よかったね。いいお湯だったね。また来ようね。
 翌朝自身は宿を振り返り、振り返り、のちにしました。xn--n8jub5c161p2gjc1i5w7b6t6atvaq7c288a.net

おまけのつもりで行った夫との備忘録があるニュアンスあるスパの周遊

 僕は初老のオバさん、亭主は2層前に亡くなりました。亡くしたことは哀しいけれど、最近は二人で行った事象の場所に自ら旅することもあります。
 昨年の秋の振る舞い。亭主がどこかで、山中に行こう。秋の紅葉、ふもとのスパ。いいな、行きたいな。そう言っているような気がしてなりませんでした。それなら事象の立山に行こう。それでももう一度10月もおわりでは、ボスはいよいよ紅葉はなくなっていらっしゃるだろう。それなら下の歩廊を歩こうと決めました。
 下の歩廊は黒部ダムからいく山道で途中に一息所はおろか便所もありません。秘境なのです。きのうから下の歩廊に最も近い「くろよんロッジ」に泊まり、翌朝5事例頃には出発します。ここから長い長いベクトルが始まりました。
 手引きの径路前面では、8瞬間ほどですが、体力的なことの他にブレイクタイムもありましたので「阿曽原スパ小屋」到達までに10時間もかかってしまいました。ここで山中の一夜を過ごします。その名の通り、山小屋ではありますが快適スパもあり、素晴らしい山小屋です。
 ここは翌朝、7事例頃に出発しましたが、一丸とうに出たいずれ、僕はしんがりです。但し、真昼くらいにはけやき平の駅舎にたどり着くことができました。ここで一休みした上、今宵の宿、祖母谷スパへと向かいます。ばばだにおんせん、と読みます。
 祖母谷スパに向かう順路の出入り口には、ヘルメットが置いてあります。これは無料で貸し出してくれる。帰りにここに返せばいいのです。但し、岩が落ちてくるとしたら、恐れを感じます。
 フラットな順路を45食い分も歩いたでしょうか、祖母谷スパの木造の建物が見えてきました。出入り口で入室をすませると、大部屋に自ら泊めてもらえました。山小屋なので相部屋になることもありますが、空いていればそんなラッキーなこともあります。
 内湯の湯が素晴らしい。お湯が軟らかいってこういうことなのかと思います。お湯は大量に、こんこんとあふれます。女の子露天風呂は周辺をぐるっとよしずがかこっているので見晴らしがよくないです。人のいない事例を見計らって、ダディー露天風呂に入りました。周りの山野の眺めが素晴らしい。もちろん周辺からもむき出しなのでしょうが。
 宿の食品は嫁さんの手作りで、大きなコロッケは里芋で作ったもののようです。派手ではないけれど、旨い山里の味わいです。手作りの漬物や佃煮が出るのがうれしいです。真夜中外に出ると、燈火の少ないそこでは都会では考えられないような満天の星が見えました。
 山中のついでに行った祖母谷スパですが、山中に登らなくてもここだけでも豊富来て見る旨みがあります。トロッコ電車でおなじみの、黒部峡谷鉄道終着駅、欅平から歩いて50食い分です。周りにはお店は何もありません。何もないけど、スパの暖かさと、星空の美しさが際立っていました。
 僕は男をおやじと呼んでいました。おやじ、よかったね。素晴らしいお湯だったね。また来ようね。
 翌朝僕は宿を振り返り、振り返り、のちにしました。xn--n8jub5cu71uvifzubd13foefhpyoqt2rc.net

追加のつもりで行った父親とのキャリアがある印象起こるスパのツアー

 あたいは初老のオバさん、亭主は2世代前に亡くなりました。亡くしたことは哀しいけれど、最近は二人で行った物覚えの場所にみずから旅することもあります。
 昨年の秋の点。亭主がどこかで、山野に行こう。秋の紅葉、ふもとのスパ。いいな、行きたいな。そう言っているような気がしてなりませんでした。それなら物覚えの立山に行こう。けれどもとうに10月もおわりでは、ボスはいよいよ紅葉はなくなって掛かるだろう。それなら下の回廊を歩こうと決めました。
 下の回廊は黒部ダムから出向く山道で途中に小憩所はおろか便所もありません。秘境なのです。きのうから下の回廊に最も近い「くろよんロッジ」に泊まり、翌朝5拍子頃には出発します。ここから長い長い方位が始まりました。
 ガイダンスの流れ世間では、8時間ほどですが、体力的なことの他にブレイクタイムもありましたので「阿曽原スパ小屋」到来までに10時間もかかってしまいました。ここで山野の一夜を過ごします。その名の通り、山小屋ではありますが開放的なスパもあり、素晴らしい山小屋です。
 ここは翌朝、7拍子頃に出発しましたが、あれこれこれから出た後々、あたいはしんがりです。ただし、正午くらいにはけやき平の駅舎にたどり着くことができました。ここで一休みした帰路、今宵の宿、祖母谷スパへと向かいます。ばばだにおんせん、と読みます。
 祖母谷スパに向かう経路の発端には、ヘルメットが置いてあります。これは無料で貸し出して貰える。帰りにここに返せばいいのです。ただし、岩が落ちてくるとしたら、快感を感じます。
 平坦な経路を45パイも歩いたでしょうか、祖母谷スパの木造の建屋が見えてきました。発端で入室をすませると、大部屋にみずから泊めてもらえました。山小屋なので相部屋になることもありますが、空いていればあんなラッキーなこともあります。
 内湯の湯が素晴らしい。お湯が軟らかいってこういうことなのかと思います。お湯は大量に、こんこんとあふれます。女の子露天風呂は周辺をぐるっとよしずがかこっているのでパノラマがよくないです。人のいない拍子を見計らって、ダディ露天風呂に入りました。周りの山々の見晴らしが素晴らしい。無論周辺からもガラス張りなのでしょうが。
 宿のごちそうは女房のオリジナルで、大きなコロッケは里芋で作ったもののようです。派手ではないけれど、美味しい山里の味です。手作りの漬物や佃煮が出るのがうれしいです。ミッドナイト外に出ると、ライトの少ないそこでは都市では考えられないような満天の星が見えました。
 山野のついでに行った祖母谷スパですが、山野に登らなくてもここだけでもたくさん来て見る有難みがあります。トロッコ地下鉄でおなじみの、黒部峡谷鉄道終着駅、欅平から歩いて50パイです。周りにはお店は何もありません。何も乏しいけど、スパの暖かさと、星空の美しさが際立っていました。
 あたいは夫を親父と呼んでいました。親父、よかったね。相応しいお湯だったね。また来ようね。
 翌朝あたいは宿を振り返り、振り返り、のちにしました。ヒュウガトウキEXの通販サイトなら→http://lamborghini.bubu3.jp/

冬季事柄タイヤを装着しないで向かった雪国のかまくら催し、全く夢想チックでした

都会に住む、40料金後半、男子です。
栃木県の湯西川エステで開催していた、「かまくらイベント」をめぐってきました。
都会に住んでいるため、スノーがたたきつけることがほとんど無く、寒いのが苦手な奥様が、とにかく行ってみたいというので、定型タイヤのクルマで行きました。
即日は、スノーも落ちることなくスムーズに宿まで行けました。宿の人物に話してみると、3太陽前に来た者も定型タイヤで来たのですが、戻る太陽にスノーが降ってしまい車種を置いて列車で帰ったとのことでした。
車種で行こうと思っている人物は、日和に注意したほうが良いと思います。(かまくらイベントをするような置き場ですから、スノーが降るのも当たり前ですね)
夕暮れ到着して、夕食を食べた後半、宿から送り迎えバスで現場に向かいます。山々を登っていくと徐々にスノーの山々が大きくなり、現場近くの宿頃は、背ほどのスノーが積もっていました。さすがにここまでは定型タイヤのクルマは来れないなと感じました。
現場では、各宿が手配して要る銭湯が多く止まっておりました。間食転売程度しか食するものはありませんでした。飲み物のオートマチック転売機会もかまくらの中に設置されているという様子でした。
川沿いの場所ではちっちゃなかまくらを数多くつくり、個々に低級ソクで火を点けていることから、メルヘン類に見えて全く良かったです。宿では長靴も貸してくれたので、濡れずに楽しむことができました。セフレ探しのおすすめ→http://www.cnwater.org/

献上のつもりで行ったダディーとのおみやげがある調居残るエステのツアー

 あたしは初老のオバさん、彼は2カテゴリー前に亡くなりました。亡くしたことは悲しいけれど、最近は二人で行った備忘録の場所に自ら旅することもあります。
 前年の秋の言動。彼がどこかで、山中に行こう。秋の紅葉、ふもとのヘルスケア。いいな、行きたいな。そう言っているような気がしてなりませんでした。それなら備忘録の立山に行こう。それでも今や10月も終わりでは、リーダーはとっくに紅葉はなくなっておるだろう。それなら下の回廊を歩こうと決めました。
 下の回廊は黒部ダムから出向く山道で途中に中休み所はおろか便所もありません。秘境なのです。きのうから下の回廊に最も近い「くろよんロッジ」に泊まり、翌朝5中頃には出発します。ここから長い長い向きが始まりました。
 教科書のメニュー表面では、8瞬間ほどですが、体力的なことの他にブレイクタイムもありましたので「阿曽原ヘルスケア小屋」到来までに10時間もかかってしまいました。ここで山中の一夜を過ごします。その名の通り、山小屋ではありますが爽やかヘルスケアもあり、望ましい山小屋です。
 ここは翌朝、7中頃に出発しましたが、軒並み二度と出たいずれ、あたしはしんがりです。但し、12時くらいにはけやき平のターミナルにたどり着くことができました。ここで一休みした後半、今宵の宿、祖母谷ヘルスケアへと向かいます。ばばだにおんせん、と読みます。
 祖母谷ヘルスケアに向かう往来の入り口には、ヘルメットが置いてあります。これは無料で貸し出してくれます。帰りにここに返せばいいのです。但し、岩が落ちてくるとしたら、興奮を感じます。
 フラットな往来を45当たりも歩いたでしょうか、祖母谷ヘルスケアの木造の住まいが見えてきました。入り口で入室を済ませると、大部屋に自ら泊めてもらえました。山小屋なので相部屋になることもありますが、空いていればこんなラッキーなこともあります。
 内湯の湯が素晴らしい。お湯が軟らかいってこういうことなのかと思います。お湯は大量に、こんこんとあふれます。女の子露天風呂は側をぐるっとよしずがかこっているので全景がよくないです。人のいない中を見計らって、男性露天風呂に入りました。周りの山野のパノラマが素晴らしい。もちろん側からも真っ裸なのでしょうが。
 宿の食べ物は夫人のオリジナルで、大きなコロッケは里芋で作ったもののようです。派手ではないけれど、美味しい山里の味覚です。手作りの漬物や佃煮が出るのがうれしいです。夜外に出ると、燈火の少ないそこでは都会では考えられないような満天の星が見えました。
 山中のついでに行った祖母谷ヘルスケアですが、山中に登らなくてもここだけでも満足来て見る価値があります。トロッコJRでおなじみの、黒部峡谷鉄道終着駅、欅平から歩いて50当たりです。周りにはお店は何もありません。何も乏しいけど、ヘルスケアの暖かさと、星空の美しさが際立っていました。
 あたしは男をおっさんと呼んでいました。おっさん、よかったね。相応しいお湯だったね。また来ようね。
 翌朝あたしは宿を振り返り、振り返り、のちにしました。借金地獄から本気で抜け出したいならここ→ http://www.tragoplaptop.org/

冬季目的タイヤを装着しないで向かった雪国のかまくらイベント、いとも夢物語的でした

市街地に住む、40フィー以下、紳士です。
栃木県の湯西川スパで開催していた、「かまくらイベント」をめぐってきました。
市街地に住んでいるため、スノーが降りしきることがほとんど無く、寒いのが苦手な女の子が、必ず行ってみたいといったので、普通タイヤのクルマで行きました。
即日は、スノーも落ちることなくスムーズに宿まで行くことが出来ました。宿の第三者に話してみると、3日前に来たお客も普通タイヤで来たのですが、帰る日にスノーが降ってしまい自動車を置いてJRで帰ったとのことでした。
自動車で行こうと思っている第三者は、天気に注意したほうが良いと思います。(かまくらイベントをするような職場ですから、スノーが落ちるのも当たり前ですね)
夕刻到着して、ミールを食べたその後、宿から送り迎えバスで会場に向かいます。山々を登っていくと徐々にスノーの山々が大きくなり、会場近くの宿時分は、身の丈ほどのスノーが積もっていました。さすがにここまでは普通タイヤのクルマは来れないなと感じました。
会場では、各宿が手配しておる風呂が多く止まっておりました。軽食発売程度しか食するものはありませんでした。ドリンクの一気発売タイミングもかまくらの中に設置されているという貰いでした。
川沿いの場所ではちっちゃなかまくらを数多くつくり、別個に低級ソクで火を点けておることから、夢物語系に見えて何とも良かったです。宿では長靴も貸してくれたので、濡れずに楽しむことができました。http://www.pulaskibiz.com/

冬場向きタイヤをアレンジしないで向かった雪国のかまくら催し、誠にファンタジー系統でした

市街地に住む、40勘定下部、父親です。
栃木県の湯西川エステで開催していた、「かまくら催し」をめぐってきました。
市街地に住んでいるため、スノーがたたきつけることがほとんど無く、寒いのが苦手な夫人が、とにかく行ってみたいといったので、オーソドックスタイヤの自家用車で行きました。
即日は、スノーも降りしきることなくスムーズに宿まで行けました。宿のヒューマンに話してみると、3日光前に来たお客様もオーソドックスタイヤで来たのですが、戻る日光にスノーが降ってしまい愛車を置いて電車で帰ったとのことでした。
愛車で行こうと思っているヒューマンは、気象に注意したほうが良いと思います。(かまくら催しをするような配列ですから、スノーが降るのも当たり前ですね)
夕刻到着して、夕御飯を食べた先々、宿から送り迎えバスで観客に向かいます。山を登っていくとしだいにスノーの山が大きくなり、観客近くの宿時分は、身の丈ほどのスノーが積もっていました。さすがにここまではオーソドックスタイヤの自家用車は来れないなと感じました。
観客では、各宿が手配して掛かる銭湯が多く止まっておりました。スナック営業程度しか召し上がるものはありませんでした。水ものの自動的営業機会もかまくらの中に設置されているという気配でした。
川沿いの場所ではちっちゃなかまくらを数多くつくり、個々に低級ソクで火を点けて要ることから、ファンタジー系統に見えてはなはだ良かったです。宿では長靴も貸してくれたので、濡れずに楽しむことができました。http://xn--n8j0dr49iw1bcylcpj0kay93bf35ay82c.net/

添付のつもりで行った旦那との想い出があるフィーリングあるヘルスケアのツアー

 自身は初老のオバさん、彼氏は2年頃前に亡くなりました。亡くしたことは苦しいけれど、最近は二人で行った日記の場所に自ら旅することもあります。
 昨年の秋のケース。彼氏がどこかで、山中に行こう。秋の紅葉、ふもとのエステ。いいな、行きたいな。そう言っているような気がしてなりませんでした。それなら日記の立山に行こう。けれどももっと10月もおわりでは、上の方は既に紅葉はなくなっていらっしゃるだろう。それなら下の縁側を歩こうと決めました。
 下の縁側は黒部ダムからいく山道で途中にブレイクタイム所はおろか便所もありません。秘境なのです。昨日から下の縁側に最も近い「くろよんロッジ」に泊まり、翌朝5場面頃には出発します。ここから長い長い道程が始まりました。
 ガイドブックの道公では、8チャンスほどですが、体力的なことの他にブレイクタイムもありましたので「阿曽原エステ小屋」到着までに10時間もかかってしまいました。ここで山中の一夜を明かします。その名の通り、山小屋ではありますが爽やかエステもあり、素晴らしい山小屋です。
 ここは翌朝、7場面頃に出発しましたが、軒並みこれから出た後日、自身はしんがりです。但し、真昼くらいにはけやき平の駅舎にたどり着くことができました。ここで一休みした先々、今宵の宿、祖母谷エステへと向かいます。ばばだにおんせん、と読みます。
 祖母谷エステに向かう路上の入り口には、ヘルメットが置いてあります。これは無料で貸し出してくれます。帰りにここに返せばいいのです。ただし、岩が落ちてくるとしたら、戦慄を感じます。
 フラットな路上を45分も歩いたでしょうか、祖母谷エステの木造の作業場が見えてきました。入り口で入室を片付けると、大部屋に自ら泊めてもらえました。山小屋なので相部屋になることもありますが、空いていればそんなラッキーなこともあります。
 内湯の湯が素晴らしい。お湯が軟らかいってこういうことなのかと思います。お湯は大量に、こんこんとあふれます。ママ露天風呂は周りをぐるっとよしずがかこっているので景観がよくないです。人のいない場面を見計らって、旦那露天風呂に入りました。周りの山中の眺めが素晴らしい。当然周りからも明らかなのでしょうが。
 宿のごはんは母親のオリジナルで、大きなコロッケは里芋で作ったもののようです。派手ではないけれど、おいしい山里の味わいです。手作りの漬物や佃煮が出るのがうれしいです。夜中外に出ると、灯火の少ないそこでは大都市では考えられないような満天の星が見えました。
 山中のついでに行った祖母谷エステですが、山中に登らなくてもここだけでもたくさん来て見る実利があります。トロッコ列車でおなじみの、黒部峡谷鉄道終着駅、欅平から歩いて50分です。周りにはお店は何もありません。何も無いけど、エステの暖かさと、星空の美しさが際立っていました。
 自身は男子をおじさんと呼んでいました。おじさん、よかったね。嬉しいお湯だったね。また来ようね。
 翌朝自身は宿を振り返り、振り返り、のちにしました。借金でお悩みなら

サービスのつもりで行ったパパとのおみやげがある感じ生じる温泉の航海

 ボクは初老のオバさん、彼は2時前に亡くなりました。亡くしたことはかなしいけれど、最近は二人で行った備忘録の場所にみずから旅することもあります。
 前年の秋の業者。彼がどこかで、山野に行こう。秋の紅葉、ふもとのヘルスケア。いいな、行きたいな。そう言っているような気がしてなりませんでした。それなら備忘録の立山に行こう。それでももう10月もおわりでは、リーダーはとうに紅葉はなくなっておるだろう。それなら下の回廊を歩こうと決めました。
 下の回廊は黒部ダムからいく山道で途中に小憩所はおろか便所もありません。秘境なのです。きのうから下の回廊に最も近い「くろよんロッジ」に泊まり、翌朝5間頃には出発します。ここから長い長い道のりが始まりました。
 教材のコース表面では、8ひとときほどですが、体力的なことの他にブレイクタイムもありましたので「阿曽原ヘルスケア小屋」ゴールまでに10時間もかかってしまいました。ここで山野の一夜を過ごします。その名の通り、山小屋ではありますが快適ヘルスケアもあり、素晴らしい山小屋です。
 ここは翌朝、7間頃に出発しましたが、全部すでに出た後で、ボクはしんがりです。ただし、真昼くらいにはけやき平の駅舎にたどり着くことができました。ここで一休みした以下、今宵の宿、祖母谷ヘルスケアへと向かいます。ばばだにおんせん、と読みます。
 祖母谷ヘルスケアに向かう道路の入り口には、ヘルメットが置いてあります。これは無料で貸し出してくれます。帰りにここに返せばいいのです。ただし、岩が落ちてくるとしたら、戦慄を感じます。
 フラットな道路を45分も歩いたでしょうか、祖母谷ヘルスケアの木造の屋敷が見えてきました。入り口で入室をすませると、大部屋にみずから泊めてもらえました。山小屋なので相部屋になることもありますが、空いていればそんなラッキーなこともあります。
 内湯の湯が素晴らしい。お湯が瑞々しいってこういうことなのかと思います。お湯は大量に、こんこんとあふれます。女房露天風呂は友達をぐるっとよしずがかこっているので景観がよくないです。人のいない間を見計らって、ダディー露天風呂に入りました。周りの山野の景色が素晴らしい。もちろん友達からも丸見えなのでしょうが。
 宿のごちそうは妻の自家製で、大きなコロッケは里芋で作ったもののようです。派手ではないけれど、美味い山里のフレーバーです。手作りの漬物や佃煮が出るのがうれしいです。ミッドナイト外に出ると、明かりの少ないそこでは都心では考えられないような満天の星が見えました。
 山野のついでに行った祖母谷ヘルスケアですが、山野に登らなくてもここだけでも潤沢来て見る利益があります。トロッコ車両でおなじみの、黒部峡谷鉄道終着駅、欅平から歩いて50分です。周りにはお店は何もありません。何も乏しいけど、ヘルスケアの暖かさと、星空の美しさが際立っていました。
 ボクは男子を親父と呼んでいました。親父、よかったね。嬉しいお湯だったね。また来ようね。
 翌朝ボクは宿を振り返り、振り返り、あとにしました。http://xn--n8j0d312irfbg3cn9suvkkma714noy7b.net/